Skip to content

老眼予防として取り入れたい対策

老眼になると、これまで使っていたメガネやコンタクトレンズでは手元が見えにくくなります。近視だと老眼になりにくいと言う人がいますが、近視でも老眼にはなりますし、乱視や遠視でも同じです。加齢によって引き起こされる症状であり、一般的に30代位から徐々に症状が出始めます。主な症状として、細かな字が読みにくかったり手元が見えにくくなったり、暗い場所に行くと見えないという人もいます。

目の疲れや頭痛が現れるケースもあり、少しずつ進んでいくので注意が必要です。若くても発症することがありますが、主な要因となっているのがスマートフォンです。若い世代でもスマートフォンの画面を長時間見続けることで発症します。対処法を行うのは、早ければ早いほど良いとされています。

手軽に実践できる方法にストレッチがあり、メガネやコンタクトレンズをつけたままでも行える目の運動を実践することで軽減することが可能です。毛様体筋をほぐす目的でストレッチを継続すると、いつのまにかピントが合いやすくなります。アスタキサンチンやルテインを多く含む食材を積極的に取り入れるのも有効です。これらは活性酸素を取り除きますので、眼精疲労に大きな効果を発揮します。

寝る前に軽い運動をするのも良い方法であり、質の良い眠りが目の健康へとつながります。既に老眼の症状が現れているのに無理をしてこれまでと同じような生活を送ろうとするのはNGです。必要に応じて老眼鏡を用意し、負担を減らします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です