Skip to content

スマホ老眼への対策法

10代や20代の若い世代でも老眼になることがあります。これはスマートフォンやパソコンの画面を長時間見ることが原因とされており、スマホ老眼と呼ばれています。対策としては、近くばかりを見ないで遠くも見るようにしたり、近くと遠くを交互に見るのもお勧めです。顔を動かさずに眼球を左右や上下に動かすストレッチを実践すると、毛様体筋がほぐれてピントが合いやすくなります。

ストレッチは一度やっただけでも効果を実感しやすいのですが、健康な目を作るために定期的に行うことをお勧めします。栄養バランスを整えることでもスマホ老眼は改善されますので試してみましょう。摂取すると良いとされる栄養素はたくさんありますが、ビタミンB類は水晶体や毛様体筋の代謝を高めたり角膜炎を予防したりします。ビタミンEには抗酸化作用があるため老化予防になり、白内障予防にも効果がある栄養素です。

DHAは網膜の中に含まれていますが、摂取すると網膜の働きを高めて視力回復につながります。他にも色々ありますが、目に良いことで有名なアントシアニンやルテインは、視力回復にとても効果的です。スマートフォンやパソコンの画面を見る時、明るすぎる設定になったら調節するのも良い対策となります。明るすぎると目の疲れに繋がりますので、ちょうど良い明るさに調節しなければなりません。

文字のサイズも状態に合わせて変えるべきであり、文字の色も見やすいものを選ぶ必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です