Skip to content

老眼の進行を遅らせるための方法

手元の字が見えにくくなったら老眼を発症している可能性があります。年齢を重ねれば誰にでも起こる現象であり、ある程度の年齢になると諦めてしまう人もいます。しかし、実際に老化以外にも要因があり、栄養不足から引き起こされている可能性もありますので、諦める前に栄養バランスを見直してみる必要があります。栄養面で不足しているものがあると、疲れ目が酷くなったり目がけいれんしたり、視力が低下することもありますので気を付けなければなりません。

食事面から見直せれば良いのですが、難しい場合には足りない分をサプリメントで補います。目に良いとされる栄養素を積極的に取り入れることでも、老眼の進行を遅らせることが可能です。例えばアントシアニンやルテインは目に良いものの代表格であり、多くの対策用サプリにも含まれています。また、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEも効果的ですので、これらの栄養素が含まれているサプリメントを取り入れるのも一つの方法です。

ストレッチを行ったり、目のツボを押すのも効果的ですので実践してみましょう。ツボを押す時に注意したいのは、爪を立てずに気持ちが良いと感じる程度の圧力をかけることです。疲れ目が老眼の主な症状の場合には、近くばかりを見ずに遠くも見るようにすることで改善されることがあります。ストレッチとして、近くと遠くを交互に見る方法もあり、続けていくうちにピントが合いやすくなります。

ぼんやりと遠くを眺めることで、毛様体筋がほぐれるのでお勧めです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です