Skip to content

老眼は目の水晶体の劣化から始まる

老眼は40歳ごろから始まるといわれています。はっきりと自覚するのは45歳ごろといわれており、だんだん目がかすんでくる、急にパソコンの文字が見えづらくなる、暗いところでモノがはっきり見えなくなるという現象が起きます。ただ、これらの症状は個人差があるので必ずこの現象が現れるということでもありません。一概に言えないものの、老眼は誰しも必ず通るといわれています。

自覚症状がない人もいますが、度合いが軽いだけです。人によって違いますが、多くの場合は手元がぼやけて見えなくなるため、最初のうちは視力が悪くなったと勘違いする人が多いようです。目がかすんできたので目薬をするようになったものの、改善がみられないため眼科で受診したら老眼と診断されたという話もあります。遠視を疑う人もいるのは、その症状が似たようなものだからです。

手元が見えない状態で老眼鏡をしたら、はっきりと見えるようになり初めて自覚した人も多いようです。それくらい、最初は視力の低下や遠視との違いがわからないともいわれています。そもそもこれは目の水晶体の劣化が原因ですが、15歳くらいから始まっているそうです。自覚が40歳ごろとすると、どれだけ目を酷使し続けているかがよくわかります。

このように目の老化を自覚した時には、老眼鏡をかける時ということになります。目の水晶体の劣化は、近年では手術で治せるようになったとはいいつつも、その治療費はまだまだ高額です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です