Skip to content

加齢と共に気になる老眼について

私たちは年齢を重ねる毎に、思うような視力を維持することが難しくなるものです。その代表的な症状と言うのが老眼です。老眼は、年齢を重ねることによって目の調節力が低下してしまうもので、本や新聞紙などのように近くのものを見るのが困難になる目の障害です。正式名称は老視と呼ばれています。

加齢によって生じるいわゆる生理現象であり、どれだけ視力が良い方であっても視力が悪い方であっても、関係なく起こるものであり、一般的に進行が速い障害になりますので、できるだけ年1回ほどの検診を受けるのがベストと言えるでしょう。老眼になると字が見えづらくなるために、精神面にも影響がありストレスを多く抱える事になるでしょう。また眼精疲労で頭痛や肩こりなどの不調を訴えられる方も多く、視力の問題以外の不調がある事もしばしばです。もしも老眼になったら、どうしたら良いのでしょうか。

対策としてはパソコンなどで作業をしたい時、読書をしたい時などは老眼鏡をかけると良いでしょう。また、普段から眼鏡、コンタクトレンズによって視力矯正をされている方は遠近両用レンズの入った眼鏡やコンタクトレンズを購入されると良いです。また、近年では眼鏡で視力を調整する方法だけでなく、多焦点眼内レンズと呼ばれる水晶体の再建術によってピントを合わせる外科手術もあります。これによりほとんどの方が眼鏡もコンタクトも利用せずに裸眼のままで生活ができるようになるため、大変便利です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です