Skip to content

老眼の仕組みと症状と予防法

遠くや近くのものを見る時、目の中でレンズの役割をする「水晶体」が厚みを変えてピントを合わせます。遠くを見る時は薄く、近くを見る時は熱くなるのです。しかし加齢に伴って、水晶体の弾力が無くなってきてピントを合わせることが困難になってきます。そして、近くのものが見えにくくなってくるのが「老眼」です。

老眼は早ければ30代くらいから起こってきて、40代に入ると多くの人が自覚をするようになってきます。手元の文字が見えづらくなって、その対象物を目から離すとピントが合ってきます。明るい所では細かい文字が見えても、暗いところで見えなくなってくればそれも老眼の始まりです。老眼は水晶体の弾力が衰えてくるのが原因ですが、少しでも予防をする方法はあります。

スマホやパソコンなど近くのものばかり見ることが多くなると、水晶体が厚みを変えることが少ないので収縮をする機会が減ります。筋肉と同じで使わなければだんだん固くなってくるので、できる限り収主軸させることが大切です。近くのものを見た後は遠くを見るようにしてできるだけ収縮活動をするようにするとともに、目が疲れた時は少し温めて筋肉をほぐすようにすることも大切です。外に出て遠くの山を見たり、キョロキョロ周りを見渡すだけでも予防になります。

老眼になると目が疲れるので、頭痛や肩こりにつながることも良くあります。目を酷使することはできるだけ避けて、疲れたら目に休息を与えてあげましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です