Skip to content

老眼とは何かおさらい

老眼は老化現象による目の機能の低下で、40代を境に誰にでも起こる、目の見え方の変化を意味する言葉です。ちなみに老眼は病気ではなく老化現象そのもので、ピント調節機能の低下によって見え方が悪化する特徴があります。比較的多いのは小さい字が見えにくくなり、老眼鏡を使わないと読めなくなるといった変化で、最初は気のせいや一時的なものと思いがちですが、進行すると加齢による変化だと気がつきます。また手元にピントが合わずぼやけたり、暗い場所で明かりを頼りにしないと物が見えにくいのも特徴の1つです。

当然ながら目を細めるなどの変化にも繋がり、結果として目の疲れやすさや肩こり、頭痛というような症状に至ります。老眼の原因は老化現象ですが、ピントを合わせる水晶体の毛様体筋が緊張状態になり、手元が見づらくなることになります。水晶体が加齢に伴い硬くなり、弾力が低下して毛様体筋が緊張するメカニズムですから、加齢が避けられない以上は老眼も避けられないです。近年はスマホの使い過ぎによる、若年層にも同様の悩みが増えており、スマホの使い方を含めた生活習慣の見直しが必要となっています。

ただ、若い人は回復する可能性がありますし、早めに気がつき生活習慣を見直すことで、ピント調節機能が戻ることに期待できます。加齢によるものは素直に受け入れて、メガネやコンタクトレンズでピント調節機能を補ったり、視力の補正をするのが現実的な対処法です。老眼のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です