Skip to content

老眼の原因や症状について説明します

老眼のイメージは高齢者がなるものだと思われがちですが、実際には30代から40代で症状が出てくることが多いです。老眼の症状はメガネやコンタクトレンズを装着したて遠くを良く見える状態で、近くの手元などが見えづらくなります。近視や遠視・乱視に関係なく加齢に伴って誰でもかかる疾患です。初期の老眼では、夕方に近くを長い間見た後に遠くを見ると遠くがかすんで見えるようになります。

この症状はデスクワークなどで近くを見ている時間が多くなった場合に、ピントが近くに合う癖がついてしまっているので、遠くを見たときにピントが合わなくなることが原因です。症状が進むと、新聞や小説などの細かい文字が読みづらくなったり、手元が見えづらい・暗い場所でものは見えづらい・眼の疲れ・ドライアイなどの症状を覚えるようになります。老眼になる仕組みは、水晶体と毛様体筋が深くかかわっています。水晶体はカメラでいうレンズの役割がある組織になり、水晶体の厚さを調節してピントを合わせる役割が毛様体筋になります。

毛様体筋は水晶体を収縮させてコントロールをしているのですが、加齢に伴って水晶体が硬くなり弾力がなくなることで、毛様体筋が緊張をしても厚みが変わらなくなってしまうことで、ピントの調節がうまく機能せず近くのものが見えづらくなってしまうのです。老眼の対策には眼のストレッチを定期的におこなうようにすたり、眼の疲れをとる点眼薬をさしたりすると良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です