Skip to content

眼鏡のカラーレンズとは

カラーレンズと言うと、サングラスの黒や、お年寄りが掛けるような薄く色が付いたものを思い浮かべる方が多いかもしれません。そのほかにもコンタクトのカラーレンズにも数多くのバリエーションがありますが、一般的にも使用しやすい、ブルーライトカットのカラーレンズをご存知でしょうか。パソコンや携帯電話から出ているブルーライトは目によくないため、目が悪くない方でも光をカットするために仕事中だけ使用するという場合もあります。そして眼鏡で視力を矯正している方の中には、ブルーライトカット加工されたレンズを選ぶ方も多いのです。

ブルーライトカット加工のレンズは多くの種類があり、一般的にレンズの色が濃ければ濃いほど遮光率が上がりますが、あまり濃いとものが見えづらい、また、見た目も気になるという方も多いはずです。ブルーライトカットのレンズは通常のカラーレンズとは異なり、反射によって青色の光をカットするため、レンズの反射光はパープル系のブルーに見えるという側面がありますが、遮蔽率が低いレンズだとさほど気になることはありません。今はネットでも眼鏡を購入することは可能ですが、初めてカラーレンズやブルーライトカット加工眼鏡を購入するという方は、実店舗でレンズの色の度合いを見てからの購入がおすすめです。パソコンの画面上で見るのと実際に掛けてみるのとではやはり違った感想になるため、レンズの色を実店舗で確認するとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です