Skip to content

遠近両用メガネのメリットやデメリットについて

遠近両用は累進多焦点とも呼ばれるもので、遠くにも近くにも焦点が合うように作られているレンズを指します。厚みを工夫することで、1枚のレンズで遠方にも手元にも焦点が合いますから、メガネを複数持ち歩いて使い分けずに済むメリットが実現します。また遠方・中間・手元と連続的に変化するようになっているので、距離によって違和感が生じにくいのもメリットです。遠近両用メガネは周囲、特に左右に歪みが生じやすいデメリットがあることから、レンズの見る部分によっては見づらく感じます。

歪みを抑えて見やすくするには、自分にあった遠近両用のレンズを選び、メガネを作ることがポイントになります。メガネには外出用と室内用という分類もあって、前者の外出用は車の運転だったり、ゴルフのように遠くを見ることが多いスポーツに向いています。遠用メガネだと中間や手元が見づらく、文字通り遠くを見るのに適したものとなりますが、遠近両用メガネであれば手元も見えるので便利です。一方、後者の室内用は読書やスマートフォン操作に向いていますが、パソコンにはやや厳しいのがデメリットです。

遠近両用メガネだとスマートフォンの距離もパソコンの距離も焦点が合いますし、メガネを掛け変えずに済みます。ただ、レンズの選び方によっては中間から手元に掛けて歪みを感じたり、視界に違和感があらわれますから、歪みの小さいレンズを選んで使いやすい快適なメガネにすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です