Skip to content

初期の老眼のメガネは遠近両用がお勧め!

本屋新聞が見えにくくなった、そろそろ老眼かなと感じた時に、一番に思いつくのが老眼鏡です。しかし安易に老眼鏡を購入するのはお勧めできず、なぜかというと近くのものを見る時には老眼鏡は適していますが、遠くを見る時には老眼鏡は見えづらいからです。いちいち見る距離によって眼鏡をはずし換えたり、外して裸眼で見るを繰り返すのは眼鏡事態にも負担があって壊れやすく、なにより生活において煩わしさを感じます。このため初期の老眼の場合は遠近両用の眼鏡がおすすめで、自分のぴったりのものを選ぶと、見えにくい不自由が解消されるゆとりのある生活に繋がります。

遠近両用とは2つのレンズを組み合わせているもので、レンズの上部と下部で見え方が異なる、つまり視線を上下に動かすことで、遠くのものや近くのものを見ることができます。人は年齢とともにピントを合わせる機能が低下し、若い時には近くのものを見てもぴったりあっていたピントが老化によって合わせづらくなります。しかし近くのものは合わせにくくても遠くのものは大丈夫と感じる人もたくさんいて、この場合も遠近両用が向いています。子の眼鏡には2種類のタイプがあり、以前のものは遠くのものを見る上部と近くにあっている下部の境目がはっきりしていました。

最近はもう一つのタイプの境目がはっきりしていなくて、周りの人から普通の眼鏡に見えるメリットがあり、境界部分で視界がゆがむなどの不快感が解消されていて、最近はこのタイプが主流となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です