Skip to content

花粉症が増加した理由と体への影響

花粉症は年々増加傾向にあり、今や国民病と呼ばれるほどになってきています。しかし、その歴史は比較的浅くわずか40年ほどとなっています。ここまで急増した要因として、戦後に植林された杉が開花適齢期を迎え、地球温暖化による影響で飛散量が増加していることや、排気ガスなどによる大気汚染などの影響といったものもあげられます。日本では、約60種類の植物が原因で起こるとされています。

花粉症の症状として、くしゃみ、鼻水などの鼻の症状や目のかゆみや涙、充血などの目の症状、のどのかゆみなどさまざまな症状が起こります。花粉症になるメカニズムは、花粉が体内に侵入することで体が異物かどうかの判断を行います。その後、異物と判断した場合、体が異物を排出しようとする働きによって、くしゃみ鼻水などといった症状があらわれるというメカニズムになっています。対策として、きちんと睡眠をとること食生活を正すことなどで免疫力を上げる方法や、お酒やタバコを控え、鼻の粘膜を正常に保つといった方法があげられています。

また、さまざまな対策グッズや、薬なども販売されているため普段の生活で上手く利用していくといったことも重要になってきます。アレルギーのため、症状が急に治るというのは、なかなか難しいかもしれません。毎年来る辛い季節は、病院に相談したり、市販されている対策グッズをうまく活用しながら、体の負担を軽減できるようにしていくとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です