Skip to content

生活習慣を変えることで花粉に対処する

肌が痒くなったり鼻水やくしゃみが止まらなくなるような、花粉が原因のアレルギー症状が出てしまう人は、日ごろからアレルギー対策を意識した生活習慣を心掛ける必要があります。鼻詰まりが酷い人は運動を積極的に続けていくことがおすすめで、運動によって鼻の血流が良くなることで粘膜の動きも活発になり、鼻詰まりの苦しさを軽減します。仕事や勉強などの疲れが残っているとアレルギーの症状が悪化するので、十分な睡眠をとって疲れを癒すことも心掛けるることも対策の一部です。疲労によって自律神経が過敏になると、少しの刺激でもアレルギー反応が起きるので睡眠時間を長めにとることは重要です。

肉体ではなく精神の疲労も花粉のアレルギー症状を悪化させるので、仕事などで嫌なことが続いてしまった時には、自分に合うストレス解消法を見つけてください。ストレスが溜まっているからといって過剰な喫煙や飲酒を続けていると、血流が変化して鼻詰まりが起こる場合もあるので注意が必要です。香辛料も鼻の粘膜を刺激して鼻詰まりのリスクを高めるので、花粉のアレルギーが酷い時には香辛料を含む料理を避けることを推奨します。食習慣だけでなく住宅内の環境にこだわることも重要で、住宅内にいる時にくしゃみを繰り返す時には室内の掃除をこまめに行ってください。

室外から入り込んだ花粉が衣服や布団に乗ることで、住宅内にいる時でも鼻詰まりやくしゃみを繰り返す場合もあるので、頻繁に室内の掃除を行う必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です