Skip to content

目に優しい生活を始めよう!老眼の初期症状

目が疲れやすくなったり、目がかすんだり、薄暗い場所や細かい文字が見えにくいと感じたら老眼の初期症状です。30歳を超える頃から目の老化が少しずつ進み、40歳を超える頃になると老眼の初期醜状があらわれるようになります。老眼は加齢による症状なので怖がる必要は全くなく、目に優しい生活を始めるきっかけにすると良いでしょう。基本的な対策としては、目の疲れを感じたら目を休ませる、作業時間が長い場合は1時間につき10分前後の休憩を入れます。

具体的には遠く見たり、数十秒の間目を閉じたり、ゆっくりとまばたきをすると目の負担を軽減できます。老眼鏡やコンタクトレンズの使用するのも目に優しい生活に役立ちます。自分にあったものを見つけるには、眼科医に相談してください。視力の状態に応じて度数を調整して自分にあった適切なものを選べます。

また以下のような症状を感じたときは目の病気の可能性があるため、速やかに眼科医の診察を受けることをおすすめします。物が歪んで見えたり、視野の中心が暗くなったり欠けて見える、急に視力が低下した場合は加齢黄斑変性の可能性があり、失明の恐れもあるので注意してほしい症状です。この他にも物が二重三重に見えたり光が眩しく感じるのは白内障の典型的な症状です。また蚊帳やゴミが飛んで見えたり視界の端に光が走って見える場合は網膜剥離の可能性があります。

いずれも目の病気なので早めに眼科医に相談しましょう。老眼のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です