Skip to content

スマホが原因!?若年性老眼

40代以降で多い老眼が、20代や30代にも増えています。若年性老眼とも呼ばれており、目が疲れやすくなったり目がかすむ、本や書類どの細かい文字が見えにくくなったり、文字が歪んで見える、頭痛や肩こりなどが共通の症状です。その原因となっているのが、スマホやパソコンの長時間見続けることだと考えられています。同じ場所に凝視し続けると目のピント調整をする毛様体筋が緊張し続けてしまい、機能が低下して老眼と共通した症状があらわれます。

またスマホやPCを見る姿勢も原因だと指摘されています。集中するとディスプレイに顔を近づけてしまったり、うつむき加減になることで首に負担がかかるようになり、肩こりや頭痛の原因になります。この他にもディスプレイを見やすくするブルーライトカットなども原因と指摘されているため、全体的に見直すことで目の負担を緩和することが求められます。若年性老眼の対策としては、1時間あたり10分前後の時間を取り休めとよいです。

1m程先をボーッと見たり、知覚を見たり遠くを見るを交互にすることでピント調整をする毛様体筋の緊張を和らげる、姿勢を伸ばしてリラックスする、ゆっくりと瞬きして目を休めるとよいでしょう。この他にもスマホやパソコンにあるナイトモードを使用するのも有効です。スマホやパソコンには、ブルーライトをカットする夜間モードやリラックスビューモードなどがあり、長時間の作業やスマホ操作で目の負担を軽減するため、若年性老眼リスクを緩和します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です