Skip to content

老眼になるメカニズムとは

人間は行動するための情報を視力を使って判断することが多く、目が見えなくなると生活で困窮する場面が発生してしまいますが、加齢によって老眼の症状を発生して視力矯正を必要とする人は少なくありません。これは目だけでなく身体の多くの場所でも似たような現象が生じますが、特に生活に直結する視力の低下は大問題であり、見過ごすことはできないでしょう。老眼は近くの部分を見る時にはっきりと見えなくなる症状であり、高齢者になるほど起きやすくなっています。その原因は眼球にある筋肉が加齢によって動きが悪くなり、眼球が特定の場所を見る時の焦点が上手に調整できなくなるからです。

筋肉は運動などを行うことで状態を維持できるところもありますが、眼球のように筋肉を鍛えられない場所になるとケアが難しくなるので、日頃から目を酷使しないようにすることが大切になります。視力は使うほどに低下するという特徴があり、現代のようにスマートフォンやパソコンの画面を長く見続けていると、焦点が変化しないことから眼精疲労を起こしやすく危険です。このような作業を継続すると年齢に関係なく老眼のような状態になってしまうので、適度に休止して疲れを発散させるようにしてください。それを怠ると眼球の周囲にある筋肉が弾力性を失ってしまい、視力矯正器具を使わなければ生活ができなくなる可能性が高くなります。

老眼は発症してしまうと改善が難しくなり、目を大切に使っていればその状態を遅らせることができますが、酷使するほどその期間は短くなってしまいます。いつまでも最適な状態で視力を確保したいのであれば、同じ距離で見続けることをできるだけ避け、使い過ぎたら休ませたり見る距離を変化させるなど適切なメンテナンスが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です