Skip to content

老眼を改善する!目のトレーニング

最近目が疲れやすくなったなと感じたら老眼かもしれません。加えて目が霞んで見えたり、薄暗いところで見えにくくなる、小さな文字を読む際に目を細める用になったときは、本格的な老眼の初期症状の可能性が考えられます。40代以降に多いですが、パソコンやディスプレイを長時間見続けるデスクワークに加えて、スマホを長時間使用する機会が増えたため、20代や30代の方にも似たような症状を感じる方が増えています。このような症状を感じたときは、ゆっくりと瞬きして目を休ませたり、老眼鏡やコンタクトレンズを使って目の負担を軽減するのが一般的です。

老眼の改善トレーニングも効果を期待できます。トレーニングは誰でも簡単にできるため、目が疲れたときや休憩時間に試してもらえます。まず目の前に親指を立てギリギリピントが合う位置に近づけ、少しずつ離していき、限界に達したらゆっくりと目に向けて近づけてを繰り返します。親指にピントを合わせながら近づけたり遠ざけることで、普段使わない視力に関係する筋力や神経を刺激できます。

また1mから3mほど離れたところをボーっと見るのも有効です。このトレーニングは、老眼鏡やコンタクトレンズをしたままでも可能なので、目が疲れやすくなったり、霞んで見えるときは是非試してみてください。スマホやPCのデスクワークをしている場合は、空いた時間を使って試してみることをおすすめします。毎日の生活に目のトレーニングを取り入れることで症状の緩和や改善を目指せます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です