Skip to content

老眼の症状と選べる治療法

一般によく知られている老眼にも幾つかの症状がありますが、主なものは細かい文字が読みづらくなったり手元が見えにくくなったりすることです。これらは老眼の初期症状と言われており、その後程度が進むにつれて、ピントを調節する機能が低下し段々と遠くも見づらくなってきます。夕方になると昼間よりも見えにくく感じたり、暗いところで見づらいと感じることもあります。さらに、頭痛や肩こりを伴う眼精疲労という症状が出ることもあるでしょう。

老眼を治療するための方法としてよく用いられているのは、遠近両用眼鏡やコンタクトレンズといった屈折装具の使用です。中には、遠近両用眼鏡は老けて見えたり視界が狭くなるといった理由で少し敬遠する方もいるようですが、手軽さという点では大変便利な方法となっています。また最近では、点眼薬を用いた治療が行われるようになりました。一日に一、二回の点眼をするだけであるため、負担が少なく取り組みやすいと言う方もいます。

気になる効果に関しては、点眼から15分ほどで効果が現れ始め、5、6時間持続すると言われています。もう一種類は手術による治療法で、老眼を根本的に治すことができるという利点があります。そのうちの一つは遠近両用レーシック手術と呼ばれるもので、一回の施術でかなりの効果が期待できると言えます。加えて、遠中近両用フェイキックという手術がありますが、これは眼内レンズを挿入するのが特徴となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です